黄門米

茨城,黄門米,コシヒカリ,産地直送,お取り寄せ

10,000円以上で送料無料!

 

ギフト選びギフト包装・のし無料!

 

fax.jpg

 

店長日記

店長 小林由紀子

こんにちは!店長の小林です。
よろしくお願い致します。

 

店長の米作り

店長の米作り

店長の米作りはこちら 
 

HOME»  こだわり»  お米の保管方法

お米の保管方法

~お米は生鮮食品と同じです~

お米は生鮮食品と同じです

 

お米の適切な保管方法を知って、美味しいご飯を食べましょう。


お米の保管方法


アイコン 密閉容器に入れましょう。(ペットボトル、タッパー、ジッパー袋など)

お米の袋には、通気の為に小さな穴が空いています。水分・湿気・害虫からお米を守るためにも密閉できる容器にお米を移して下さい。

※当店で使用している2kg袋は、密閉できるジッパー袋になっていますのでお米を容器に入れ替える必要はありません。ジッパーをしっかりと閉じ密閉した状態で保管を行って下さい。



アイコン 風通しがよく、涼しくて、暗い場所へ保管して下さい。

酸化・カビの原因になりますので、直射日光の当たる場所や湿気の多い場所での保管は避けましょう。

※保管場所は、冷蔵庫の野菜室が最適です。



アイコン 保管期間は出来るだけ短くしましょう。

お米は、精米されてから時間がたてばたつほど味が落ちてしまいます。
下の表を保管期間の目安にして下さい。

10月~4月・・・約1ヶ月

5月~6月・・・20日~25日

7月~9月・・・約15日

※季節に合わせて、ご購入量を変えてみるのも良いでしょう。

 

 

アイコン 温度が一定の場所に保管して下さい。

保管温度は15℃以下が理想的です。虫は20℃以上でふ化するので、虫の発生を防ぐ為にも低温での保管をお勧めします。

※台所での保管は火を使ったり、電気製品の放熱により温度が上がったりするので避けた方がいいです。



アイコン 臭いの強いもののそばにはおかないようにしましょう。

お米は臭いがとってもつきやすいので、洗剤や芳香剤、灯油、臭いの強い食べ物などと一緒に保管しないようにしましょう。いったん臭いがつくと洗米してもとれにくくなります。



アイコン 容器はこまめに洗いましょう。

容器に付着した古い米のぬかやゴミなどを放置することは、米に虫が発生してしまう一番の原因です。

※米びつや容器にお米を入れる際は、お米の継ぎ足しをせずに、米びつを空にして中をきれいにしてからお米を入れましょう。